特進グローバル理系

2022年9月3日(土)、グローバル理系コース1年生は土曜探究の時間に、東洋紡株式会社より7名の社員さんに来ていただき、出前授業を行っていただきました。

初めに、東洋紡株式会社の説明とSDGsへの取り組みを説明していただきました。
次に、東洋紡株式会社で研究されている逆浸透膜について実験を通して、説明していただきました。
最後に、2名の若手の社員さんから、高校生からの生い立ちや東洋紡株式会社で働くいきさつや、高校生の今やっておいた方がいいことなど、キャリアデザインについて講演していただきました。

生徒たちも真剣に取り組んでくれました。本当にすばらしい機会になりました。
土曜にもかかわらず、足を運んでくださり、授業をおこなってくださいました7名の社員の皆様ありがとうございました。

〈生徒の感想〉

今日の東洋紡の企業研修は、事前学習の時から非常に楽しみにしていました。今回の研修では、半透膜、繊維のことだけでなく会社のグローバル化など会社の仕組みも勉強することができ、とても良い機会になったと思います。
僕は普通に働くつもりでしたが、広報部の仕事にも興味を持ちました。人生の選択肢を増やすためにまず勉強を頑張って、本当にやりたい事を見つけ、一度しかない人生をもっと楽しみたいです。

聞かせていただいた事や半透膜の事などとても興味深く、気になった事や疑問にも優しく答えていただけてすごく楽しかったです。実験や何故そうなるかなども分かりやすく教えてくださり浸透圧についての理解が深まりました。3時間という時間がすごく短く感じました。
企業のことを知ることで将来どんな企業に就職するかなどがイメージするきっかけができて良いと思いました。

企業の方が直接来てくださり実験などをすると聞いてとても楽しみにしていました。透過現象の実験は反応速度が速く驚きました。また、実際に働いている社員さんの大学時代の話題、仕事の話、体験談などを聞くのもとても興味深かったです。海外出身の社員さんのお仕事がとても楽しそうで、その社員さんにとてもあってそうだなと思いました。私も将来自分に合った仕事を見つけて、やりがいのある仕事をしたいなと思いました。

〈当日の様子〉